医師と患者

診療にあたっては、まずは患者さんのお話をよくお聞きした上で、診察、適切な検査を行い、原因を見つけ、個々の患者さん必要な治療を考えていきます。診察の結果、高度な医療や入院が必要と判断されたときは、患者様の症状に適した専門科を判断し、高次医療機関への紹介を行います。

総合内科は適切な医療を受けるためのとしての最初の窓口としての役割を担っています。地域の皆様の“かかりつけ医”となれるよう、親身で丁寧な初期診療を心がけて参ります。

Internal Medicine

聴診器を備えたデスク

総合内科

頭痛、めまい、かぜ症状(熱がある、咳がでる、喉が痛むなど)、吐き気、腹痛、下痢などといった急性症状、疲労感や倦怠感、花粉症などの一般的な疾患について診療いたします。また、高血圧や糖尿病、高脂血症(脂質異常症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患についても幅広く診療いたします。はっきりとした症状が出ているときはもちろん、何科を受診したらいいのかわからないという場合も、ご相談ください。

主な対応疾患

 

急性疾患

 

風邪症候群(熱がある、咳がでる、喉が痛む、鼻水が出る、などが同時に出現するもの)、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、インフルエンザ、消化器急性症状(腹痛、下痢、吐き気、胃もたれ感、胸焼け、吐き気)、尿道・膀胱炎(排尿時痛など)など 

慢性疾患

 

生活習慣病(高血圧、脂質異常症)、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、貧血、便秘症、食欲不振